So-net無料ブログ作成

沙也さんの心臓移植、米で無事終了…容体も安定(読売新聞)

 重い心臓病「拡張型心筋症」と診断され、心臓移植を受けるために渡米していた仙台市青葉区の寺町沙也さん(15)の手術が7日午後0時半(日本時間8日午前1時半)、終わった。

 ニューヨーク州・コロンビア大病院で行った手術は、約9時間に及んだ。

 支援団体「さやちゃんを救う会」(札幌市)によると、手術後の寺町さんの容体は安定しているという。寺町さんは、移植手術を受けるため、4日に日本を出発。渡米後2日目の6日夜、臓器提供者が現れ、翌7日に急きょ手術が実施された。

 同行している寺町さんの両親は「心の整理がつかないまま手術に臨んだが、無事に終わり、募金してくれた方など沙也のために力を尽くしてくれたみなさんに感謝します」とのメッセージを報道関係者に寄せた。

 寺町さんも手術前、「移植手術が臓器提供者の死の上にあると考えるとつらいが、その方の心臓が自分の中で生きていくから、前向きに頑張ろうと思う」と話していたという。

 寺町さんは今後、リハビリなどで半年ほど現地に滞在し、早ければ11月頃に帰国できる見通しだ。

<野口聡一さん>「宇宙授業」ISSから(毎日新聞)
副操縦士、免許置き忘れ操縦=折り返し便が欠航−日航(時事通信)
和解協議に応じるかは「決定していない」−B型肝炎訴訟で厚労相(医療介護CBニュース)
高知新聞が「黒潮マンガ大賞」を公募(産経新聞)
ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」−徳島県警(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。